食欲を抑制する効果の期待できるサプリがオススメ!

ダイエットをしようと思っても食欲が抑えられないといった声や、ダイエットをしようと思って食事制限や運動などを始めると余計に食欲が出てきてしまうといった声はよく耳にします。

 

食べることを我慢するというのはストレスでもあり、ダイエットなどが長続きしない原因の一つとも言えるでしょう。

 

そんな人は、食欲を抑制する効果の期待できるサプリメントを摂ると良いかもしれません。食欲の抑制が期待できる成分には何があるのか、またそのはたらきや副作用、そして今売れてる食欲抑制サプリの人気ランキングをご紹介します。

食欲抑制サプリランキング

CUTE ME

ガーシトリンの力で満足感を向上し、食べ過ぎを防ぎやすくすることで無理なくダイエットが出来るサプリです。

 

リポサンウルトラの力で食生活をサポートしてくれるので、油っぽいものや甘いものが好きな人でも食事制限をキツくする必要がなくなります。
1ヶ月ほど続けることで効果を感じる人が多く、しっかりとダイエット効果を感じたい人にオススメです。

 

オススメしたい人 ・とりあえず安く試してから始めたい

・食生活の乱れが気になっている
・我慢やストレスを溜めずにキレイになりたい

主な特徴 ・2年連続モンドセレクション受賞

・初回価格が安価なので始めやすい
・4週間で違いを実感できる事が多い

成分 リポサン/コレウスフォルスコリ/ガーシトリンなど
価格 定期コースで初回限定324円
評価

 

 

カメヤマ酵母

生きている酵母に消化耐性を付け、しっかりと体に染み渡らせる事を考えた効率よく栄養素を摂れる商品です。

 

体が求める栄養素が詰まっているので満足感を得やすく、外出先でも手軽に摂取出来る梱包なのでいつでもどこでも飲めるのが魅力です。
ダイエットはもちろん美容と健康に良い成分も詰まっているので、多くの人から愛されています。

 

オススメしたい人 ・食習慣が不安だけど改善が難しい

・飲み続けたいから持ち歩きやすいものがいい
・体を元気にしながら痩せたい

主な特徴 ・700万食を突破した人気商品

・返金保証がついているので安心
・持ち運びしやすいので外でも飲みやすい

成分 カラスエンドウ/コンブ/ヒノキ/クワなど
価格 2箱定期便が初回限定で8,000円
評価

 

 

シースルーライトBB

脂肪を燃やし、いらないものを排出し、余分な吸収をブロックするサプリで、噛んで摂るタイプの美味しいサプリです。

 

ブルーベリー味なのでお菓子感覚で食べることが出来、ダイエットにつきものの空腹感を抑えることが出来る嬉しいメリットがあります。
2週間続けて効果を感じる人が多く、即効性が高いサプリとして話題になっています。

 

オススメしたい人 ・体の環境を整えながら健康的に痩せたい

・脂肪をしっかり燃やしてスリムアップしたい
・満足感を得られるサプリが欲しい

主な特徴 ・2週間で違いを感じる人が多い

・ブルーベリー味なので美味しく続けられる
・水なしで摂れるので外出先でも安心

成分 パン酵母/還元麦芽糖水飴/デキストリン/ブルーベリー濃縮果汁など
価格 お試しコース申し込みで初回8,740円+1袋おまけ付き
評価

 

 

ベジーデル酵素粒

106種類の植物を減量としており、それらを水を一切使わずに伝統的な方法で醸造して粒にした贅沢なサプリです。

 

酵素独特の味と匂いをほとんど感じないソフトカプセルタイプなので、今まで酵素に苦手意識を持っていた人でも長く愛飲することができます。
栄養素が豊富なので満足感を得やすく、置き換えダイエットの補助食品としても優秀です。

 

オススメしたい人 ・酵素の味や匂いが苦手だけど飲みたい

・置き換えダイエットの栄養補助食品が欲しい
・キレイを保ちながら元気に痩せたい

主な特徴 ・1日3粒だけで負担なく続けられる

・水を使っていないので成分が濃密に詰まっている
・伝統的な醸造技術を用いて製造されている

成分 サフラワー油/植物発酵エキス末/コーンスターチなど
価格 お試しサイズが無料プレゼント中
評価

 

 

NATURIAプラス

食生活が気になっている人や食事制限が苦手な人向けのダイエットサプリで、植物由来の成分でお腹を満足させやすくなります。

 

体をスッキリさせる酵母ペプチドで食事をサポートし、プロポールで満足感を感じるようになるので自然と食事の量とバランスが整っていきます。
ダイエットにつきものの我慢やストレスを軽減したいという女性にオススメです。

 

オススメしたい人 ・置き換え食が満足できず続かない

・ストレスを溜めないダイエットがしたい
・好きなタイミングで飲みたい

主な特徴 ・100%植物由来成分なので体に優しい

・満足感を得やすいのでイライラしない
・定期コースでもいつでも休止が可能

成分 アフリカマンゴノキ/ホーディア/グレープフルーツエキスなど
価格 定期コースが初回限定980円
評価

 

 

食欲抑制に効果が期待できる成分@ガルニシア

 

食欲抑制に効果が期待できる成分として最初に紹介していくのは、ガルニシアです。あまり耳にしない言葉だと思いますが、ガルニシアとはどのような成分なのでしょうか。はたらきや副作用を順に挙げていきます。

マンゴスチンというフルーツの一種

ガルニシアは東南アジアなどに広くみられる熱帯植物の果実であるマンゴスチンの一種で、ドリアンが果実の王様と呼ばれるのに対してマンゴスチンは果物の女王と呼ばれているようです。そんなマンゴスチンの一種であるガルニシアには中性脂肪が合成されて蓄えられるのを抑えたり、コレステロールの合成を抑えて脂質の代謝を促進するはたらきがあるとされています。

 

 

 

これらのはたらきに加え、肝臓や筋肉へグリコーゲンを蓄えておく力を強くして脂肪の合成を抑えることで空腹感を感じることを抑えるということです。すぐに使える糖質がストックされていることで、脂質を蓄えておく必要が少なくなるということですね。空腹感を感じにくくすることで食欲のコントロールが図れるとされています。

副作用や飲み方の注意

ガルニシアを摂取することによる副作用などは現在のところ報告されていないようです。サプリメントでは大量摂取になってしまうことも起こり得ますが、ヒトではそれらの問題も報告されていないとされています。

 

 

 

ただし、動物実験では男性生殖器である精巣にトラブルが起こったというデータもあるので、毎日大量に摂取し続けるのはやはり問題があるのかもしれません。もっとも、これは他のサプリメントにも言えることなので適量を守って摂取するようにすれば心配しすぎることはないでしょう。

食欲抑制に効果が期待できる成分Aギムネマ

 

食欲抑制に効果が期待できる成分として次に紹介していくのは、ギムネマです。これも耳慣れない言葉ですよね。ハーブの一種とされるギムネマのはたらきや副作用について挙げていきます。

甘味を感じにくくなる

ギムネマはハーブの一種と述べましたが、別名グルマールとも呼ばれているようです。グルマールの意味は糖を壊すということで、腸からの糖の吸収を緩やかにしてくれると言われています。血糖値の上昇を抑えるということで、糖質制限とも通じるところがありそうですね。

 

 

 

ギムネマの特徴としては甘味を感じにくくなるということが挙げられ、味覚細胞のはたらきを抑制していると言われています。甘味を感じにくくなるので、ダイエット中に甘い物が食べたくなってしまうという人には特に効果的ですね。甘味が報酬として成立しなくなることで、食べたいという気持ちを根本から起こりにくくしてくれるということです。

 

 

 

甘味を感じなくなるというと怖いですが、ギムネマ摂取による一過性のものなので心配はないようです。

副作用や飲み方の注意

ギムネマも重篤な副作用などは報告されていないようですが、飲み始めにお腹が張るという人は比較的いるようです。お腹の膨満感やおならが出やすいということが長いと一ヶ月ほど続くとされています。また、糖の吸収を抑えるので糖尿病の薬を飲んでいる人は注意が必要です。

 

 

 

飲む前に一度ドクターに相談しましょう。加えて、鉄分の吸収も阻害すると言われています。サプリメントではそれらの成分は加工されて取り除かれていることが多いですが、貧血のある人などは覚えておき、購入や摂取の際には気を付けましょう。

食欲抑制に効果が期待できる成分Bカプサイシン

 

食欲抑制に効果が期待できる成分として次に紹介するのは、カプサイシンです。カプサイシンと言えば脂肪の燃焼効果ですね。食欲の抑制にはどのようにはたらくのでしょうか。カプサイシンのはたらきや副作用をそれぞれ挙げていきます。

食欲を適切にコントロール

カプサイシンと言えば唐辛子がすぐに浮かぶかと思いますが、香辛料などは食欲を増進する方じゃないの?という疑問をもつ人も多いと思います。確かに、香辛料として辛味を足すことで食欲がないときにも食べられるようになるということは多くの人が経験しているでしょう。一方で、カプサイシンは脳の中枢に作用してアドレナリンやノルアドレナリンなどのはたらきを促します。

 

 

 

これらはストレスに対するはたらきもあるので、ストレスに対処することで暴飲暴食などを防ぐことにつながるとされているのです。つまり、食欲がないときには食欲を増すような効果があり、一方ではストレスなどで暴飲暴食に走ってしまうのを防いでくれているということですね。

副作用や飲み方の注意

カプサイシンは刺激物だと認識している人が多いと思いますが、やはり摂取が多くなると胃腸のトラブルを起こしやすくなるようです。しかし、適量の摂取であれば血流の促進などにつながり、胃腸の粘膜の健康には効果的とされています。よほど胃が荒れている状態などを除けば、少量の摂取で回復の効果も期待できるかもしれません。

 

 

 

また、過剰摂取での毒性についても議論されており、発がん性なども含めて研究が進められているようです。適量を心がけて、良い効果の方を引き出したいですね。

食欲抑制に効果が期待できる成分Cグァバ葉ポリフェノール

 

食欲抑制に効果が期待できる成分としては、グァバ葉ポリフェノールも挙げられます。グァバ葉やポリフェノールといった言葉は聞いたことがある人も多いでしょう。どのようなはたらきによって食欲の抑制が図れるのでしょうか。

血糖値の上昇を抑える

グァバ葉ポリフェノールは、その名前の示す通りグァバに含まれているポリフェノールです。ギムネマと同様に腸での糖質の吸収を緩やかにすることで血糖値の上昇を抑えるはたらきがあるとされています。やはり血糖値はダイエットや健康に深く関わってくるということですね。

 

 

 

血糖値の急激な上昇の後には、急激な低下が待っているとされています。血糖値が下がると甘い物が欲しくなりがちなのはみなさんよくわかるでしょう。血糖値の上下動を少なくすることで、食欲の波を抑えるということのようです。感情の起伏にも影響するとされているので、血糖値の波も穏やかにしたいものですね。

副作用や飲み方の注意

グァバ葉ポリフェノールにも特に副作用などの問題は報告されていないようですが、ギムネマのところでも述べたように血糖値に関係することから糖尿病などで血糖に関する薬を服用している場合には注意が必要です。

 

 

 

サプリメントを摂取する前に、ドクターに相談してみましょう。

まとめ

 

食欲の抑制が期待できる成分には何があるのか、またそのはたらきや副作用について紹介してきましたがいかがでしたか?食欲を抑えるというのは食べ過ぎを防ぐということであり、食べないということではありません。ダイエットのための間違った食事制限などはリバウンドを招きやすいだけでなく、健康を害してしまうので気を付けましょう。

 

 

 

健康管理に関しては、食事や運動、睡眠などのバランスが重要です。サプリメントさえ飲んでいれば大丈夫というものでもないので、自身の身体のために見直しをしてみましょう。食事や運動など生活習慣の改善をベースに、サプリメントを活用することでダイエットや健康管理に活かしていきたいものですね。